社会人から教員になった35歳のおっさんブログ

前職福祉関係、音楽関係。ふとしたきっかけで教員免許取得へ。英語のことも書いていきたい。

教員免許を社会人になってから取り直して就職活動をした話

 

タイトルの通り。

ふとしたきっかけで教員免許を取得しようと思い立ったわけです。その当時33歳。正直冒険ですよね。しかもその当時結婚しようかという話もしている時期でした。

 

で、どうやって教員免許取るの?

 

さらっと調べてみると、4年制の大学を卒業していて、教職課程を取ってない場合は2年間の通信授業で大学に在籍して、通信教育を受けて、たまに学校に授業を受けにいって卒業できる、とのこと。社会人でも途中までは可能と。なるほど。途中までは、というのは2年目に教育実習があるから、1ヶ月有給とか取れるなら別に問題ない、ってこと。こういうことで一番有名なのが佛教大学ですね。京都にあります。自分は中高の英語の免許取得だったのですが、実は音楽の教員免許と迷いました。しかし音楽は佛教大学の通信課程にないことと、そもそも教員になろうとした時に倍率が厳しい、という2点で諦めました。(関西だと大阪音大大阪芸術大学なら取れるみたいですね)

日本の中高教員ではピアノか声楽専攻で吹奏楽などの経験ある先生を求めるでしょうしね。自分は音楽の種類がまったく違うところでやっていたもので。

 

で、佛教大学の要項を調べてみたのですが、確かに普通に大学行くよりは断然安いし、時間の融通も効くから仕事もできるし。妻(入学後に結婚しました)にはちょろっとだけ説明して願書を出す。確か締め切りギリギリに送ったはず。3月くらいまでは願書を受け付けてくれてたのです。ありがたや。

 

実際に通信教育を受けてみると

 

基本的に授業には種類がありまして。基本のものは自分で課題となる教科書を読んで、設問に沿ったレポートを作成して提出するパターン。それでレポート提出すると、その科目の科目最終試験ってのに申し込みできる。提出すると、って書いてあるのはレポートの合否は問わずにとりあえず試験が受けられる、ってこと。

1ヶ月に4科目までレポートを提出することができるので、その翌月の試験も4つ受けられる。テスト自体は1時間1科目くらいの感じで2科目ずつ午前と午後に受けられる。

そこまでタイトなスケジュールではないので社会人でも余裕はあります。むしろレポートはしっかり教科書さえ読んで、設問に沿った答え方をすれば落とすことは少ないはずです。コピペしまくると弾かれるようですね。で、手書き限定でもありません。

パソコンで打って、そのままウェブ上で提出できます。ウィンドウズを持ってないとダメ、となってるんですが、自分はmacでやりました。正直wordでやるのがベストです。

詰め込めば土日を使って4科目、くらいは余裕で可能です。

 

テストの方は、範囲をかなり限定してくれているので事前勉強がしやすいです。シラバスに要点として絞って載せてくれていますのでそれを勉強する。

まあ、あとは科目最終試験はルーティンで6問くらいの問題から出ているみたいなので、前回の問題や午後に受けるならその日の午前の問題なんかは軽めにやってもいいのかもしれません。基本的には全て記述式で一切の持ち込み不可、おもて面は埋めるくらいの分量は必要とされているようです。6問を4科目分のテストがきついと思うかどうかですが、そうでもないと思われます。

4科目を難しそうな科目と取っつきやすい科目に分けておいて、午前午後にうまくバラしておいてもいいでしょうしね。

自分はテストに関しても前日にバーっと覚えるようにしていました。要点は事前に絞っておくと良いですね。その課程で覚えることもありますし。

 

スクーリングはどんな感じ?

 

年に数回スクーリングに行きます。これも事前に自分の都合の良い日を申し込めるので会社との兼ね合いもしやすいかと。京都なので遠方の人は宿泊です。全国各地から来られてますよ。スーツケースとか持ってる人も本当に多いです。兵庫、大阪、滋賀あたりは余裕で当日行ける、はず。雪とかあったらえぐいですけど。

授業は9時からです。科目によって終わり時間は違いますが、一番長いので18時50分まで。短ければ昼過ぎに終わるものも。

9時からなんですけど、阪急大宮駅とかが最寄りなんですね。他の路線は覚えてないんですが、大宮から20分はバスに乗るのと、そのバスはそこまで頻繁に来ない。さらにスクーリングの日は非常に人が多いので結構ヒヤヒヤします。8時大宮に着くくらいで若干余裕が持てる程度。思い切ってタクシー使うのも良いかもしれません。年に数回ですからね。

教員志望の方がたくさん受けるスクーリングなので色々な人の境遇を聞くのも面白いですし、普段通信やと1人ですから進捗を共有したり、科目の知識量を増やすモチベーションになったりと、面白いものですよ。社会人経験者が多いので「年齢が・・・」なんて思う必要もなさそうです。4、50代の方もおられます。

なのでその辺も考慮してあるのか、グループワークをする授業が非常に多いです。まあ普通の講義ならウェブでもできますしね、そういう狙いもあるのかもしれません。

あと昼飯は混んでるのが苦手な人は持参の方がいいでしょうね。食堂もコンビニも敷地内にありますが非常に混雑します。

喫煙者は構内の端っこにスペースがあります。10分休憩などで吸いに行くのは結構な冒険です。

 

今頃教育実習とか大丈夫か?という話

実は先生の友人知人が多いので色々聞いてはいたのですが、40代の方とかも来られるようですので年齢は問題ないでしょうね。実際にスクーリングにも50代くらいの方もおられますし、30、40代が珍しいほどの割合ではありません。

実習に行ってもおそらく学校の方で担当教官を年齢が上の方なんかに割り当ててくださることがほとんどじゃないでしょうか。行く側は教官は「先生」ですから学ぶ姿勢しかないのですが、教官側が萎縮することも考えると妥当でしょう。

出身校にお願いするのが基本になりますが、自分は出身地と居住地がかなり離れていたので、出身地近くで探しました。出身大学に付属高校があったのでそこに事情を説明して話をすると受け入れてくださいました。受け入れ校にはメリットなんか無いので、本当に感謝しかありませんね。

ちなみにその他の近くの学校に1校だけ電話しましたが、卒業生以外は受け入れられない方針だ、と断られました。

でもね、この辺割と楽観視してます。100件くらいかければ受け入れてくれそうな気もします。(営業的な仕事をしていた経験からの感触ですが)教育委員会経由なんて方法もあるみたいなので色々チャレンジするといいでしょうね。

 

実際の教育実習の現場は?

自分は高校に1ヶ月お世話になりましたが、ネットで見るように寝る暇も無い、何てことはありませんでした。授業見学や実際の自分の授業もしつつ、細々した雑務など行っていましたが、17時過ぎにはほぼ帰っていました。というか、これは担当教官にもよるでしょうね。指導案なんかもすんなり「これでいいよ」と通してくださる先生でしたし、何よりも、やってみなけりゃわかんらんだろ、というスタンスの先生でしたので非常に助かりました。部活の方も専門ではない部活にあたっており、かつ生徒が自主的に練習をするような空気の場所で、ほとんど顔を出しても意味がない、という。

部活指導を熱心にやったとしても下校時間がありますから7時、8時くらいには皆帰っていたようです。ただし、学生さんの実習生は仲良くダラダラするのも楽しいでしょうから、それもまた良いでしょうね。実習生は10人ほどいまして、既卒が自分ともう一人の2人でした。けども10人まとまって仲良くワイワイやってました。まあ、コミュニケーション能力も皆それなりにある人たちだったので、今でも飲みに行ったりする仲間ですね。年齢は全然違うけど。

生徒との関わりも特に生徒が一線引いてくるわけでもなく、まあ何というか普通、です。自分はいじめの相談を受けるくらいにはコミュニケーション取れてましたね。何だかこの事件はモヤモヤしましたけども。連絡先聞いてきたりとかあるのはさすが現代っ子、と思います。

 

就職活動は?

私学なのか公立なのかで変わるでしょうね。公立でもちゃんと勉強してそれなりにコミュニケーション能力があれば何とかなるんじゃないだろうか?とか思ってます。年齢制限も最近は結構上限上がってますしね。

私立は年齢と教員未経験ということで落とされる場合は多々あります。けども資格などでそれをカバーもできますね。私学の供託機関などに登録をしておくと連絡をくださることもかなりあります。もちろん地方によるでしょうが、常勤講師でのお誘いもたくさん頂けます。私学適性検査で良い成績を取っておくとめちゃくちゃ電話がかかってきます。これは専任教諭の条件なども多いです。

ただこれも教科によるのかもしれません。やはり音楽や芸術系ではそこまで募集が多いわけではなさそうです。

 

 

タイトルから(1月で)という文言を消した

更新が完全に滞ってました。のはなぜかというと、結果が850点だったからです。。。。

 

いやはや、なんとも難しいものですね。ちなみに今回も時間配分として最後の方が間に合わない結果に。

リスニングがほぼ満点と稼げていたので、点数がちょっとよかった、くらいのものです。しばらくテストが受けられそうにないスケジュールなのが残念ですが、次は4月5月くらいの試験を受けようかと思っています。

 

ちなみにリスニング対策はほとんどしていません。どんな問題が出るかはさらっと見ておきましたが、基本的には今回は映画とラジオでなんとかなりました。

けれども正直これだけで次回以降もなんとかなるとは思いません。

リスニング聞いていて、完全に文章は理解できなかったからです。

 

なんせ知らない単語も結構出てきたり、文のニュアンスとして、この答えは無いな、というのを省いたりして点数を稼いだので、英語として理解しては無いんですよね。これは課題です。

人によって意見は様々でしょうけども。別に理解しなくても高いスコアが目標である、という場合もたくさんありますもんね。就職に有利にするのなら別に本気で理解する必要は無いかもしれません。というか好スコア出る人は結構理解できているでしょうけど。

 

リスニングで使われる英単語やニュアンスも勉強しながら、主に大問5、6の勉強をしていくことでまずはペースアップを図りたいと思います。

記憶に定着しやすいペンの色は青らしい(おすすめ文具)

だそうです。青なんだって。で、万年筆なんかいいですよね。筆圧弱く書くことを意識するし、そうすると手が疲れるなんてことも少なくなります。多少コツは入りますが、最近は1000円くらいの高品質な万年筆が発売されていますので、面白いですよ。

そもそも暗記物も人によってやり方が様々ですよね。

昔に売れた東大生のノート、だっけかそういう本に、東大に行っている人たちがどうやって勉強したのか、どうやって暗記したのか、などのインタビュー本みたいなものがありましたが、そこにはひたすら書く人もいれば、歩き回りながら読み上げる人、ひたすらに読んで暗記できたと思ったらそのページを破り捨てる人(これはその覚悟があるから余計にすごいですよね)など様々な方法論が載っていました。

 

で、青の話に戻る。というか自分は読んで覚えることも多いのですが、飽きてきたときや、とにかく気分が乗らないときは手に覚えさせる方法も使います。

とりあえず作業的にでも進めていくことによって脳みそが働いてくることってありますよね、それです。ブログだってとりあえずパソコンつけてみたら書いてみたりもして。

 

映画によく出る例の紙「リーガルパッド」

 

紙も裏紙でも良いしどうせなら面白いものを使ってみようということでアメリカのドラマや映画によく出てくる黄色い紙(見覚えある人もいますよね)を使っています。

リーガルパッドというやつで安価ですし、なんだか気分的にも面白いですよ。

f:id:youhiyouhi:20161116145608j:plain

こんなやつですね。

海外の大学生とかもよく使っているようで様々な映画なんかにも出てきます。どうやら黄色という色も記憶力に密接に関わる色らしいですが。

アマゾンでも買えます。日本の紙のように高品質ではないのですが、かと言ってすぐに破れるようなものでもありませんのでご心配なく。ペラペラですけどね。このチープさがまた愛らしかったりもするわけです。

湿気多いとこなんか置いたら一発でヘニャヘニャになる。だがそれがいい!というメンタルの強い方にはもってこいですね。

 

 こんなんですね。

 

万年筆にトライするならkakuno

1000円で買えちゃう万年筆でインクも詰め替えできますので色も自由ですね。なんせ万年筆ってのはインクの滑り出しがいいわけです。ジェットストリームも相当いいですが、あれとは別種のイメージでスラスラとかけます。滑るように、という表現がいいですね。

で、文具店の方もおすすめするのがこのkakunoです。2万円くらいする万年筆も確かにいいのですが、こちらのペンは安さが魅力。ガシガシ使えちゃいます。文具店の人がおすすめするのはこのペン先が安物に使われるものとは一線を画しており、高級品に近い書き味を実現しているからだそうです。

カートリッジでインクを詰め替えることもできますし、カートリッジの部分にスポイト的なカートリッジを仕込むと、映画見たくインクボトルからインクを吸い上げて使うことも可能です。

お高い万年筆とまったく違う部分は重さですね。重い方がバランスを取ってより軽い力でかける、という人も多いです。自分は重いものも使っていますが、どちらでも楽しくかけています。

 

 

 やっぱり定番のBIC

このペンよく見かけますけど本当に書き味がいいですね。なるべく太めのものでガシガシ書くのに向いています。ずーっと変わらないデザインで愛されています。

最近はフランス製ではなく中国製になって品質が落ちた、と書いてあるレビューも見かけますが、そもそも安価なものですし、書いてても早々不良品に当たることもないかと。

これの青でリーガルパッドにゴリゴリやってるだけで気分も乗ってくるってもんです(完全にプラシーボ的ですが)

BIC 油性ボールペン オレンジ 1.0 E-ORMJ20EGBLK 黒 20本

BIC 油性ボールペン オレンジ 1.0 E-ORMJ20EGBLK 黒 20本

 

 

とはいえやっぱり鉛筆の一本くらい持っていたい

 

鉛筆。最近使っている人も少なくなってきましたよね。しかし鉛筆はやはり書き味がいいですね。シャーペンの微妙な硬さ、鉛筆の微妙な柔らかさ。

若干ふんわりしたイメージですよね。ちょっと書いているとすぐ削りたくもなりますが。個人的には鉛筆を使うならBくらい濃い、というか柔らかい方が好みです。 HB使うくらいならまあシャーペンでいいかな。みたいな。

NHK宮崎駿さんの特集やっていました。「終わらない人 宮崎駿」っての。

アニメーターなので当然なんでしょうが鉛筆がゴロゴロ出てきます。素晴らしいですね。使いこなしている感じが妙に憧れてしまいます。

 

別の番組ですが同じ NHKで仕事発見伝という番組がありそこでプロデューサーの鈴木敏夫さんの特集もありました。その時は紙に書くのにサインペンを使っていましたね。これもまた面白いなあと思いました。職人さんというのは様々なこだわりがありそうで見ているだけでもワクワクしてきますね。

 

トンボの鉛筆の方がなんだか楽しく見えます。ちなみに自分は楽譜などを作成する時は(音楽関係の仕事をしていたので)鉛筆で書いたり、清書はカリグラフィーペンを使ったりしています。カリグラフィーペンも面白いですよ。ちなみにカリグラフィーというのは日本語に直せば書道、みたいなものでしょうか。飾り文字を書くやつですね。

スティーブ・ジョブスはカリグラフィーの授業があったからAppleができたみたいなことを言ってましたね。(うろ覚え)

 

トンボ鉛筆 鉛筆 8900 2B 8900-2B 1ダース

トンボ鉛筆 鉛筆 8900 2B 8900-2B 1ダース

 
三菱鉛筆 鉛筆 事務用鉛筆9800 HB 12本入 K9800HB

三菱鉛筆 鉛筆 事務用鉛筆9800 HB 12本入 K9800HB

 

 

おすすめ文法書English grammar in use

 英語の勉強ブログを見ていると必ずと言っていいほど見かけるEnglish grammar in useという本があります。

 

語学留学なんかをするとほとんどの場合はこの教科書を使うようで、さらに世界中で使われている教科書だそうです。

自分も1冊青のを持っていますが確かにかなり良いですね。初歩の初歩について書いてあるのですがほとんどすべての文法(後述しますが大学受験をこれ1つでは網羅できません)と必須とも言える基本動詞についての解説が載っています。

ただ、もちろんのことながらすべて英語で書かれています。

でも、これそんなにハードル高くないんですよ。長文で説明してあることなんてないし、やはり世界中で売れているだけあって平易な表現で文法規則が説明してあります。

 

中学英語くらいが理解できる人なら大丈夫です。というか正直英語をちょっとでも勉強しようという意気込みのある人なら読めると思います。

超英語嫌いで無理やり英語勉強させられている人には不向きですね。もっと嫌いになること請け合いです。いや、そこまでではないか。

 

よく解説には「英語を英語で理解できるので良い」と書いてありますが、まさにその通りで、もう少しいうなら「英語をフィーリングで理解できるので良い」というところでしょう。

感覚的に、適当に英語を訳したりすると良いことはありませんが(最近はテレビでの誤訳なんかも話題になりますね。)感覚として英語を掴んでおくのは大事だと思います。

 

単語をなまじっか知っていて、文法規則を無視して日本語訳を試みると時にヘンテコな文章が出来上がります。これがまた言語の面白いところでもあるのですが、そもそも超難解な言語であれば、世界標準で使われる言語にはなり得ないので、ルールをざっくり知っておくことは便利になりますね。

日本語でも「てにをは」がぐちゃぐちゃになると文意がまったく違うものになったりもしますもんね。

「ナイフで切った」「ナイフを切った」意味は1文字でも大きな違いです。

これは英語の冠詞や時制の些細なミスでも同じことが起こりそうですね。

 

この本、大体見開きの左側に解説が載っていて、右側に練習問題が載っています。練習問題の答えは巻末に収録してあります(これ、答えなしの教科書的バージョンもあるみたいですね、購入時には一応チェックしたほうがいいかもしれません)

 

一日に数ページずつコツコツ進めて、それを2周くらいしてもそんなに時間はかかりません。暗記物に見える部分は暗記をがっつりするというよりは、その単語の持つフィーリングを掴んでいきながら何回かやる方が身になるかもしれません。これは人それぞれでしょうね。

 

で、先にちらっと書きましたが、全ての文法というわけではもちろんありません。更に言えば大学受験までの範囲はこの青の本ではカバーできません。そりゃそうですけど。例えば関係副詞のwhenや仮定法なんかは載っていないですね。

代わりに無生物主語や分詞構文なんかは、すんなり頭に入ってくる形で載っています。ここが英語を英語で学ぶメリットですよね。

さらに言うならば、英語圏の人たちは主語があって動詞があると言う形は割合普通のものとして捉えているようです。日本では主語を抜いても問題がないので、語形が違うといえば違います。この辺に関しての記述は当然ありません。別に日本人向けに書いたものではないですからね。

なので、先ほどからも書いているように、英語をナチュラルに理解できる、訳で。日本語とどう違うのかを考えながら読めるものではないんですよね。

これはメリットもすごく大きいし、逆の人もいるかもしれません。

ただし、世界で売れまくっている、しかも日本でも売れまくり、と言う実績を考えると手を出して損はないですよね。めちゃくちゃ高い本でもありませんし。

 

青に限って書きますが、レッスンの内容はユニット145まで。1ユニットにつき見開きの2ページだけです。左が説明で右が練習問題。

おすすめは1日に3ユニットくらい進めて3日に一度とかで進んだ分の復習をやることでしょうか。一気に単元を進めると定着するかが怪しいですし、逆に1ユニットだけだとちょっとダルくなります。

大学受験に完全対応では無い、と書きましたが、この本一冊ちゃんとやればセンター試験は8割くらいは網羅できるんじゃ無いか、とも思いますけどね。単語数も自ずと増えていくのでこの本の中の知らない単語を覚えながら進めるだけで相当の練習量になりますよ。英文を読む癖がつくので長文で眠くなったりダルくなったり、最初の方の訳を忘れちゃったり、とかいうことはほぼなくなるのでは無いでしょうか。

 

あとは例文の丸暗記もオススメです。日本語でも皆さん気づかないうちにたくさんの例文を頭の中にストックしているものです。子供の頃からずーっと聴いてますからね。

時報の「9時をお知らせします」なんてセリフに日本人は特に違和感も抱かない訳です。これは頭の中にすんなりと入っているからでしょうね。なので英文に関しても多少の例文暗記はしておく方が楽だと考えられます。代表的な、お気に入りのフレーズを1ユニットにつき一つでも覚えていくだけで、その例文をとっかかりにユニットの内容もすっと思い出せるようになります。

瞬間英作文って本が売れましたが、使い方によってはそういった使い方もこの本ならできますね。誤用はないだろう、と言う安心感もあります。

 

ちなみに自分が持っているのは下記の分です。答え付きのe-Bookなしのバージョン。

 

English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

 

 

 

おすすめ英単語帳

世の中には本当にたくさんの英単語帳が出ていますねえ。しかも毎年のように新しいのも出るし、用途別にも出ていますね。受験用、資格試験用・・・。しかし基本となる英単語はほとんど変わらないでしょう、と睨んでいます。

これは日本語でも基本となる単語というのは業界によって多少の違いはあれど、ほとんど一緒だからです。

 

TOEICはビジネス用語が多いので少しそれに特化した本を使いたいところですが。

 

最近の高校生の使っている単語帳を見ていると

システム英単語(2021語)

・ターゲット1900

・DUO3.0(単語1600、熟語1000語)

・DATA BASE4500

なんかが学校でよく使われているようですね。

 

学校で使われるということは英語の先生方が信用して使用しているのでしょうからこちらも信用していいはず!と思いますね。

それぞれの本に特徴があって工夫がされているので見ていると面白いです。

収録語数にも差があるのですが、上記のものを見ると大体先ずは2000語程度が一つの壁とも言えそうですね。

 

で、自分はTOEIC特化型ではないのですが、英語の教員におすすめされて

ユメタン

という本を使っています。

 

なぜこれがいいのか、というと

「CDに収録されている音声が日本語 英語の順番だから」

ですね。

 

英語 日本語の順番だと答えられても 逆だとパッと思いつかない、なんてことよくあると思います。それこそ基本的な単語でも。

逆にされるだけでこんなにタメになるのか、と思います。

 

映画でもそうなんですが英語音声で日本語字幕で見ていても、そりゃなんとなく聞き取れたような気になります。ところが日本語音声英語字幕にして勉強のつもりで見ていると一気に疲れます。

 

けれども英語を話す、ということはそういうことですもんね。

英作文をするにしてもなんにしても、聞き取れることが目標ではないところが結構あります。

このブログはTOEIC特化ではあるものの基本の英単語、英語スキルを上げたいという意識もありますのでとりあえず今はユメタンで基礎単語を習得しています。

英単語見て意味がわかるものでも日本語から英語にするだけで基礎力が少しづつ上がっている気がします。

気のせいでないことを祈りながらやるのみですね。

 

音声ものはちょっとした移動中や寝る前などに聞けるので便利なところもいいですね。

 

お金に余裕のある人は黄色の初級からでも面白いかもしれませんね。

 

 

 

イディオム(熟語)は本で覚えるべきなのか

書店に行けば熟語の本がたくさん売っています。

まあ、熟語の本でなくとも単語帳には後ろにどういった前置詞でこういうことを言えるよ、ってな例が載っているものです。これは非常に便利な反面覚える量が膨大になっていくようにも感じます。

 

そもそも単語が前置詞に結びついて目的語につながっていく、という構造は、その前置詞や単語のニュアンスを理解しておくと楽になると思います。

 

例えばto とfromの違いは向かっていくイメージなのか、あっちから来るイメージなのか、という簡単なものであれば中学生のうちに習うものですし、その後日常生活の中で良く見かけるものなので刷り込まれてしまいます。

 

come fromで どこかから来る というイメージが楽に持てます。

 

これは他の前置詞、to of for over など様々なものにも応用されています。

というか、単語の後にどんな前置詞をつけるかによって言い表したいことは全く違う方向にいくわけですね。

 

じゃあ、熟語の本は全く要らないのか、といえばそうでも無いように思います。ネイティブは日常からその熟語的なものがたくさん使われている環境にいますのである程度慣れているわけです。

日本人はそういう環境にはいませんので慣れるために熟語の本を開いて頭の中に放り込んでおくことは必要でしょうね。ただ、これは英文のインプットをガンガン増やすことで対応もできそうです。

正直TOEICに特化するのなら熟語の本はほとんど必要なさそうだとも感じています。

そして長文を読んだり会話の中で英語を自由に操れるようになるスキルと、TOEICで高得点を取るスキルは結構別物のようにも思います。

これは短期間にスコアを伸ばす場合の話ですが。

 

知り合いの帰国子女は試験対策も別にせず、ふらっと試験を受けてフルスコアを取っていました。普通にネイティブならとれちゃうわけです。我々が簡単な日本語の試験を受けているような感覚だといってました。

がっつりとして英語力があれば900点台を取ることも難しく無いようですが、自分は1月で900点を目指すわけですから悠長なことは言ってられません。

 

ということで熟語に関しては一旦置いておいて勉強を進めてみます。前置詞などのイメージはちゃんとつけておきたいので何かしらの参考書で探してみようと思います。

 

先日読んだ本は

 

英文法をこわす―感覚による再構築 (NHKブックス)

英文法をこわす―感覚による再構築 (NHKブックス)

 

 という本でした。今人気の「一億人の英文法」という本の作者である大西泰斗さんの著書ですね。前置詞なり文法なりをイメージで捉えていこう、という本でした。

おそらく高校生など今の学校教育で英語を学んでいる人たちは読むと逆に混乱してしまうかもしれませんが、一度年月を置いて英語の勉強をスタートする人には便利かもしれません。

なぜなら、我々はある程度日本語が理解できるようになっているからです。しかもそれは日本語文法に則ってというよりは雰囲気をつかんでいるから、ですよね。そういう感覚で英語を捉えなおすと少し楽になってきます。

アマゾンレビューによるとこの英文法をこわす、は一億人の英文法へのとっかかり的な内容だ、と書いてありました。現在の日本における英語教育をバシバシとディスっております。ちなみにディスる、はdisrespectの略語みたいですね。

 

 で、今人気の本はこの下のやつですね。TOEIC試験までに読むかどうかはさておき一度は読んでみたい本だと思っています。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

 

 

直近の目標

とりあえず1月後のTOEICで900点オーバーを目指す。

 

無茶かもしれませんね。現在755点。たとえ対策をしたとしてもブログや本で見る限り900点というのは高い壁のように見えますね。

 

考えるに

・文法の基礎をおさらい

・語彙力を高める

・リスニングで取りこぼさない

 

などのトレーニングが必要だと思っていますが、この中で

文法

に関しては初歩の初歩くらいで十分な気もしています。仮定法だなんだ、と詳しく知っている必要はなくて時制がはっきりと認識できればそこまで問題にならなさそう。

 

むしろ語彙力の強化ですね。あんまり知らないビジネス用語が出てきたときについつい文章の前後から、この単語の意味なんだろう?と考えて結局時間を無駄にしたように思います。知っていれば済む話なのでとりあえずはTOEICに特化した単語帳なんかでさらっていきたいと思います。

 

Part5の文法問題で取りこぼすのも嫌なので接続詞やら前置詞を横断的に整理はして置いた方が良さそうです。それから動名詞とto不定詞をとる単語とか?

 

リスニングに関しては今は英語のラジオなんかを聞いていますが、各国の英語に少しは慣れておかないと意表をつかれそうです。

訛りのきついカナダ英語とか、何言ってるか全然わかんない。

 

前回のテストで時間不足で爆死したことを考えると、語彙力をあげてスピードアップを図る、ってとこが無難なラインかと思っています。

 

今から調べて見て色々対策をして見ます。

 

参考書も中古で買ったり(試験方式変わったとはいえさほど問題ではなさそう)してあるので色々使いながら試して見たいものですね。